エルゴメーター

エルゴメーター

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックのリハビリ機器説明


エルゴメーターの主な特徴

エルゴメーターは自転車型の有酸素運動マシンで、同じ有酸素運動マシンであるトレッドミルに比べ、転倒のリスクが低く、疾患・障害をお持ちの方々にも安全にご利用いただけます。

当院で採用しているエルゴメーターは心臓リハビリテーションから一般リハビリテーション、心肺運動負荷試験や体力測定まで幅広い範囲で使用出来るハイスペックエルゴメーターです。

当院には自転車のように座る「アップライト型」と、背もたれのある「リカンベント型」の2タイプのエルゴメーターを設置しております。また、有酸素運動と認知トレーニングを同時に実施できる「コグニバイク」といったデュアルタスクエルゴメターもご用意しております。利用される方の運動能力に応じて最適なエルゴメーターをご案内いたします。

適応

以下のような方々にも安全に有酸素運動を行なっていただけます。

・整形外科疾患により歩行時に痛みを有する方

・脳血管疾患により歩行が困難になっている方

・体力低下により転倒リスクが高い方

効果

・生活習慣病の予防

・認知機能低下の予防

・脂肪燃焼による肥満の改善

・心肺機能の強化

・下肢筋力強化

使用方法

サドルの位置は、ペダルに足をのせて最大に脚が伸びるポイントで軽く膝が曲がる程度に調節します。また、ハンドルの位置も重要で、高くすることで体はしっかりと起き、低くすると前屈みになります。姿勢や症状に合わせてサドル。ハンドル位置を調節した後にペダリングを開始します。

<運動負荷の目安>

運動強度を測る方法には以下のようなものがあります。いずれかの方法を利用し、安全で効果的な運動を行いましょう。

・目標心拍数

 エルゴメーターは脈拍数をモニタリングできるため、目標心拍数を設定して運動を行うことができます。有酸素運動の目安は、最大心拍数(220-年齢)の50%~60%ですので、最大心拍数から目標心拍数を計算して実施しましょう。

・M E Ts(メッツ)

十分な体力を有する高齢者の場合、健康づくりのために3メッツ以上の運動を含めた身体活動に取り組むことが望ましいとされています。エルゴメーターの場合30〜50Wattの運動が3.5 M E Tsに相当します。モニターに表示されるWatt数を確認しながら運動を行いましょう。

・Borg scale(ボルグスケール)

 Borg scale(ボルグスケール)は、運動中に自覚される疲労度を数字で表す方法です。6~20の15段階で疲労を表し、数字が低いほど「楽」、高いほど「きつい」となっています。有酸素運動は9の「かなり楽」から13の「ややきつい」の範囲内で行うと良いとされています。

注意点

・サドルの位置調節をしっかり行わないと、姿勢が崩れ運動の効果が最大限に発揮されません。有酸素運動の効果を最大限に引き出すためにも、姿勢で取り組めるように必ずしっかりとサドルの位置を確認しましょう。

・運動後は動作を急にストップせずにゆっくりとペースを落としクールダウンします。運動によって血行が良くなった状態なのに、急に止まってしまうと血圧が急激に下がってしまい貧血のような状態になることがあるので注意が必要です。

監修医師

  1. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医