ウォーターベッド

ウォーターベッド

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックのリハビリ機器説明


ウォーターベッドの主な特徴

ウォーターベッドは水圧刺激により、肩から腰、下肢にかけての筋肉の凝りをやさしくほぐし、血行の改善を促進します。また、水圧刺激よる上質なリラクゼーション効果を実感していただけます。当院で利用していただけるアクアキューブというウォーターベッドは、「患者さまの満足度」を向上させる為に革新的な技術と搭載しております。「もみ」「たたき」「ほぐし」「さすり」「のばし」「おし」の6種類の手技に見立てた水圧刺激をより効果的に心地よく体感していただけます。また、水圧マッサージ最大の欠点である、船酔い現象への対策として、アクアキューブは船酔い防止機構で身体全体の揺れを、キューブ用枕により頭部の揺れを防止します。そのため安心してご利用いただけます。

適応

肩こり、腰痛、背部痛、むくみの改善などに効果的です。また、ストレス解消、疲労回復、慢性疼痛疾患にも有効です。体型を選ばず、腰が曲がっている方でも利用可能です。

効果

水圧刺激によるマッサージでは静かな波の揺らぎに身を任せているかのような、あるいは雄大な自然に抱かれているような浮遊感を実感していただけます。そのため、血液循環の向上、筋肉内の疲労物質の除去、心と体のリラクゼーションによるストレス解消が期待できます。

使用方法

患者様には、服を着たままラバーマットの上に横になり、できるだけリラックスしていただきます。

注意点

以下の方の使用には危険が伴います

・著しく脊椎破壊が見られる症状

・重度の骨粗しょう症

・脊椎の感染症(骨髄炎、脊椎カリエス、化膿性脊髄炎など)

・頸椎捻挫

・脊椎、椎間板、脊髄の損傷

・悪性腫瘍

・ペースメーカーやICDなどの電子機器を装着した患者様

・妊婦の方

・その他マッサージによる物理的圧力、振動によって症状が悪化する疾患をもつ患者様

・その他、医師が不適当と判断した疾患

・出血を伴う外傷や骨折などの水圧刺激が悪影響を及ぼすと思われる患部や疾患、及び皮膚に湿疹やかぶれ、傷など水圧刺激により痛みを誘発する症状が認められる場合

監修医師

  1. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医