腰痛

腰痛

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの疾患説明


腰痛とは

皆さんの身の回りでも腰の痛みでお悩みの方は多いと思います。統計学的には成人した日本人の9割の方が腰痛を経験しているとされ、国民病といわれております。腰痛は病気の名前ではなく痛みの名前です。この腰痛のうち、診察・レントゲン・採血など、現在の医学で痛みの原因が特定できるもの「特異性腰痛」原因を特定できないもの「非特異性腰痛」といいます。その特異性腰痛であり痛みの原因を特定できる人は、全腰痛患者さんの中で 15% しかいないとされています。言い換えると、腰が痛い人の中で 100人中85人は現在の医学では原因を特定できないのです。そんな腰痛について、今回は現在わかっている内容についてご説明させていただきます。


腰痛の症状

人によって感じ方は様々なようです。

  • 熱を持った
  • 冷えを感じた
  • 刺すような感覚
  • 鈍くて重い

などの痛みの感じかたがあるようです。椎間板ヘルニアを伴う方は、お尻だったり足の先までしびれを訴える人もいます。


腰痛になりやすい人は?

  • 姿勢が悪い
  • 長時間同じ体勢
  • 疲れがたまっている人
  • 冷え性
  • 重労働
  • 喫煙者
  • ストレスを抱えている方
  • 加齢からくる骨の空洞化(骨粗鬆症)
  • 腰椎の変形や変性などによるもの(変形性脊椎症や狭窄症、すべり症など)

などが考えられます。

腰痛の原因

整形外科的な痛み・腰に原因があるもの

成長に伴うもの

  • 先天異常
  • 側弯症
  • 腰椎分離症

加齢に伴うもの

  • 変形性脊椎症
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 変性すべり症

外傷に伴うもの

  • 腰椎骨折
  • 腰椎脱臼

ばい菌感染に伴うもの

  • カリエス
  • 化膿性脊椎炎

その他

  • 癌の脊椎への転移
  • 脊椎の腫瘍

などがあげられます。その他にも、変形性股関節症など、腰以外の整形外科の病気でも腰痛が出現することもあります。


整形外科以外の痛み/腰以外に由来するもの

  • 血管の病気:大動脈解離・解離性大動脈瘤など
  • 心臓の病気:心筋梗塞・狭心症など
  • 泌尿器の病気:尿管結石など
  • 婦人科の病気:子宮筋腫や子宮内膜症など
  • 消化器の病気:急性膵炎・慢性膵炎・胆嚢炎・十二指腸潰瘍など

によるものがあります。加えて

  • 身体表現性障害
  • 統合失調

などの精神疾患や精神的なストレスによる心理的な原因による場合もあります。

いわゆる「ぎっくり腰」とは

「ぎっくり腰」とは急に起こった強い腰の痛みを表す言葉であり、あくまで俗称です。医学的な病名ではありません。医師の間では急性腰痛症と呼ぶこともあります。ぎっくり腰について詳しく知りたい方は以下のリンクから「ぎっくり腰」のページをご覧になってください。

腰痛を感じたら?

まずは受診をし、主治医に「いつから」「何をして」「どんな痛み」が出てきたのかをお伝えしましょう。症状によってさまざまな病気が疑われます。その病気の種類によって治療方法が変わってきますので正確な診断が重要となります。必要に応じて

  • X線(レントゲン)
  • CT
  • MRI
  • 血液・尿検査

などを行います。また、今かかっている内臓系の病気もあわせてお話ししましょう。お話をうかがい、診察したうえで内科の診察が必要と判断した場合には紹介上を記載させていただき、専門の医師に診察してもらえるように手配いたします。特に、

  • 安静にしていても痛みが軽くならない
  • 次第に症状が悪化する
  • 腰痛だけではなく発熱もしている
  • 下肢がしびれたり力が入らない
  • 尿漏れがする

などの症状を伴っている場合は、放置したり自分で管理することは禁物で、すみやかに整形外科を受診されることをお願いします。

腰痛の治療

  • 鎮痛剤の服用
  • 外用薬(塗り薬・貼り薬)
  • 物理療法(温める、冷やす、電気をあてる)
  • リハビリテーション

などで治療していきます。痛みが強い時には

  • トリガーポイント注射
  • ブロック注射

を行うこともあります。

原因次第では、手術をお勧めすることがあります。入院期間は病状の程度や社会的な環境によって大きく異なりますが、

  • 椎間板ヘルニア: 日帰りでできる内視鏡手術から、1~2週間かかる大きな手術まで
  • 腰椎圧迫骨折: 1週間~3か月

などのように症状の改善が得られるまで入院となることがあります。費用が高額になる可能性があるため、高額医療控除が使えるのか、ご自身の加入している保険へ確認しておくと安心ですね。

また圧迫骨折や脊柱管狭窄症でオーダーメイドのコルセットを作成した場合は、一時的に 4~6万円の費用を支払う必要がありますので注意しましょう。あくまで一時的な支払いであり、のちほど市区町村に申請することで、3割負担の方は残りの7割が戻ってきますのでご安心ください。

腰痛の予防

気を付けたいこととして

  • 正しい姿勢を心掛ける
  • 顎を引き、背筋を伸ばす(猫背にならないように)
  • 長時間同じ姿勢を取らない

などがあります。また運動習慣も大事になります。普段テレビを見ていたり、パソコンなど長時間同じ体勢で過ごすことが多いですが、合間に立って腰を回したり、背伸びをしたりストレッチを挟むとよいでしょう。ストレスも原因になります、日常の体と心のストレスを解消するため、ぬるめのお風呂にお気に入りの入浴剤を入れてゆっくりなんていうのもよいでしょう。冷え防止にもなりますね。筋力の衰えも腰に負担をかけます、適度な運動をして健康に過ごしましょう。

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの治療の特徴

当院では問診・身体検査などの診察後にレントゲンを撮らせていただきます。必要に応じて連係している病院様で MRI の検査をすることも可能です。場合によっては超音波検査などを行うこともございます。その後消炎鎮痛剤を処方したり、痛い場所にトリガーポイント注射を行います。その他には仙骨ブロックというブロック注射も可能です。これらの治療でも痛みが改善しない場合はリハビリを導入します。リハビリ先進国であるノルウェーでうまれたレッドコードというリハビリ器具を駆使しながら、腰の負担を減らしつつ可動域を広げる練習などを行ってまいります。レッドコードにより椎間板にかかる圧力を軽減することができ、疼痛の改善につながるといわれております。このように一般的な鎮痛剤や注射などの治療を基本としながらも、特にリハビリを得意にしておりますので、ご興味のある方はおやま整形外科クリニックの受診をご検討ください。

治療費

おやま整形外科クリニックでの治療費の例

1割負担2割負担3割負担
初診の診察
レントゲン
※TP 注射※
コルセット
処方箋
約***円約***円約***円
再診の診察
物理療法
(電気治療、ウォーターベット)
約***円約***円約***円
再診の診察
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円
再診の診察
※TP 注射※
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円

※TP 注射: トリガーポイント注射のことです。「キシロカインという局所麻酔剤」「ノイロトロピンという鎮痛剤」などを注射します。

(補足)手術の費用

当院では手術は行っておりませんが、参考までに記載させていただきます。入院費用・手術費用など、すべて含めると数十万円から数百万円程度と非常に高額になりますが、日本には高額療養費制度という国民皆保険に基づく優しい保険制度があります。こちらを利用することで「どんなに医療費が高額となった場合でも、年齢や所得に応じてある一定の額以上は払う必要はない」という制度です。加入している保険や年齢などで異なりますが、およそ実費でお支払いするのは 8万円~15万円程度です。もし手術を検討される場合は、ご加入の健康保険組合などにご相談してみて下さい。

まとめ

腰痛が生じると仕事や家事、スポーツなどの日常生活に支障をきたしてしまいます。そして安静にせざるを得ないことで体力が低下し、腰の筋力も低下します。さらには精神にも支障を来たし、落ち込みやすくなることでさらに腰痛が悪化してしまいます。このような腰痛の悪循環を断ち切るために、日常生活の中で姿勢に注意したり、運動やストレッチを継続していきましょう。そうすることで腰痛に悩まされない身体を作っていきましょう。ご自身で体操やストレッチができない、不安だという方は当院へご連絡ください。医師の診察と、専門のリハビリスタッフによる運動器リハビリテーションで適切な運動方法をご指導させていただきます。

動画提供

合同会社 Medivery 運営 YouTube チャンネル: "Medivery 大学病院"

「変形性膝関節症ってどんな病気?」より

監修医師

  1. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長
  2. 正田 純平(しょうだ じゅんぺい): 日本整形外科学会 認定専門医…千葉大学大学院 医学研究院 整形外科学

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医