肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの疾患説明


四十肩・五十肩とは

四十肩と五十肩という名前はよく聞くとおもいますが、発症したときの年齢で呼び方に違いはあるものの実は同じご病気であり「肩関節周囲炎」という病名がついております。今回はそんな肩関節周囲炎についてご説明します。この病気の主な原因は今の医学ではまだよくわかっていませんが、”加齢・疲労・冷え”が一因ではないかといわれております。肩と腕をつなぐ関節、そして周辺の筋肉が炎症を起こすことで癒着し、腕が上がらなくなったり痛みが出現します。

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 「五十肩(肩関節周囲炎)」より


肩関節周囲炎の症状

当たり前ですが、肩が痛みますまた肩の関節の動きが悪くなり、ひどいと洗顔・洗髪・着替えなど日常生活にも支障が出ます。基本的には「運動痛」という肩を動かした時の痛みがメインとなります。痛みが悪化すると、「夜間痛」といって夜も痛みで眠れなくなったりすることもあります。しかし、痛いからといってあまり動かずにかばっていると肩の動きが悪くなります。これを「可動域制限」といい、最終的にほとんど肩が動かなくなるような末期の状態になると「凍結肩」といいます。これらの強い痛みで我慢できないときは三角巾などで固定して安静にしてください。そのうえで早めに受診するようにしましょう。

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 「五十肩(肩関節周囲炎)」より


(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 「五十肩(肩関節周囲炎)」より


肩関節周囲炎の原因

四十肩・五十肩というように、40代以降の方に多く発症します。様々な原因が考えられておりますが、いちばんの原因は肩の周囲の炎症です。肩関節は上腕骨・鎖骨・肩甲骨などの骨をはじめ、軟骨・関節唇・靱帯・腱など、いくつもの組織が組み合わさってできております。その肩関節を作っている周辺の組織に、仕事・運動・加齢などの影響で炎症が起きてしまうことが痛みの主な原因とされています。

  • 肩の動きをなめらかにする袋(肩峰下滑液包)や膜(滑膜)
  • 関節を覆っている袋(関節包)

にも炎症が波及し、それらが癒着すると肩の動きが悪くなります。そのように動きが悪くなると、先ほどお話ししたような可動域制限となり、さらには拘縮・凍結肩といわれるような進行した状態となってしまいます。

どんな時に整形外科を受診するべきなの?

以下のような時に受診を検討してください。

  • 腕を上げたときに肩が痛む
  • 物をとろうとしたときに肩が痛む
  • 頭を触ったとき、髪を洗った時に肩が痛む
  • 服を脱いだり着たりしたときに肩が痛む
  • 寝返りを打ったときに肩が痛む

このような状態でお困りの際は整形外科の受診を検討してください。

肩関節周囲炎の検査

まずは診察をさせていただきます。特に痛みの場所が重要です。押して痛い場所を探させていただいたり、動きの状態などを拝見します。また、

  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • MRI 検査

などを行うことで、他の大きな病気がないかどうかを判断します。四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と同じように、

  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 肩腱板断裂

などでも肩に痛みがでます。上記のように診察と検査を行うことで、これらの病気・怪我がないかを総合的に判断していくのです。

肩関節周囲炎の治療

肩関節周囲炎の場合、自然に痛みが取れることが多いです。ただし時間がかかるケースが多いとされ、半年から1年程度が目安で、長い場合は2年ほど係ることがあります。「そんなに待ってられない!」という方や「痛みが強くて我慢できない」という方は治療に進みます。急性期といわれる初期の段階では、三角巾・アームスリングなどで肩を安静とし、消炎鎮痛剤の内服、局所麻酔薬・ステロイドの注射を行います。急性期の強い痛みの時期が過ぎたら、

  • 物理療法(低周波など)
  • 温熱療法(ホットパックなど)
  • 運動療法(可動域訓練、筋力訓練など)

などのリハビリを行います。治療の冒頭で「自然に治ることもあります」とお伝えしましたが、痛みが強く、肩をかばったままで放置すると可動域制限・拘縮・凍結肩となり肩の動きが極めて悪くなってしまいます。そうなると、日常生活に強い支障をきたすだけでなく、肩関節が癒着することで中々元に戻らなくなるケースも多くあります。このように肩の動きが悪くならないために、痛みが落ち着き急性期が過ぎた方はリハビリの導入をおすすめしております。また、これらの安静・内服薬・注射・リハビリなどを行っても症状が改善しない場合は、手術(関節鏡など)を行うこともあります。

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 「五十肩(肩関節周囲炎)」より

自宅でできる治療・体操

ストレッチなどで痛みを緩和できるといわれております。以下の方法をお試しください。

振り子運動

  1. 痛みがない方の手を机に置く
  2. 痛い方の手を振り子のように振る

→アイロンなどを痛い方の手に持つとより効果的です。痛みに応じて試してみましょう。


肩甲骨上下運動

  1. 力を抜く
  2. 肩をすぼめる 

→これを繰り返しましょう。肩と肩甲骨が上下に動くことを意識してみてください。

寝る前に

クッション代わりにタオルを痛い方の肩甲骨当たりにおいてみましょう。

冷え防止

原因の一つとして「冷え」が考えられています。身体を冷やさないような服装を心掛けてください。

食生活

また食生活も見直しましょう。生ものや冷たいものを減らしてみてください。根菜類などは体を温めるのに効果があるといわれていますのでお勧めです。飲み物では、カフェインが体を冷やしてしまう作用があるようですので、温かい麦茶やほうじ茶、ココアなどいかがでしょうか?

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの治療の特徴

当院では問診・身体検査などの診察後にレントゲンを撮らせていただきます。場合によっては超音波検査などを行うこともございます。その後必要に応じて消炎鎮痛剤を処方したり、肩関節に痛み止めの注射(キシロカイン、ステロイド、ヒアルロン酸など)を行います。

それでも痛みが改善しない場合はリハビリを導入します。私たちは、できるだけ皆さんの身体を守るためにリハビリに重点を置いております。リハビリでできるだけ痛みが出づらい体を作り、それ以上進行しづらいように筋力を鍛えます。リハビリ先進国であるノルウェーでうまれたレッドコードというリハビリ器具を駆使しながら、肩の負担を減らしつつ可動域を広げる練習などを行ってまいります。

このように一般的な鎮痛剤や注射などの治療を基本とし、得にリハビリを得意にしておりますので、ご興味のある方はおやま整形外科クリニックの受診をご検討ください。

治療費

おやま整形外科クリニックでの治療費の例

1割負担2割負担3割負担
初診の診察
レントゲン
※肩関節注射※
処方箋
約***円約***円約***円
再診の診察
物理療法
(電気治療、ウォーターベット)
約***円約***円約***円
再診の診察
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円
再診の診察
※肩関節注射※
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円

※肩関節注射: キシロカイン、ステロイド、ヒアルロン酸などを組み合わせて注射します。

(補足)手術の費用

当院では手術は行っておりませんが、参考までに記載させていただきます。入院費用・手術費用など、すべて含めると数十万円から数百万円程度と非常に高額になりますが、日本には高額療養費制度という国民皆保険に基づく優しい保険制度があります。こちらを利用することで「どんなに医療費が高額となった場合でも、年齢や所得に応じてある一定の額以上は払う必要はない」という制度です。加入している保険や年齢などで異なりますが、およそ実費でお支払いするのは 8万円~15万円程度です。もし手術を検討される場合は、ご加入の健康保険組合などにご相談してみて下さい。

まとめ

いかがでしょうか?四十肩・五十肩の正体である肩関節周囲炎についてご理解いただけたと思います。加齢だからとあきらめず、体を冷やさないように心掛け、適度な休息とストレッチで快適に過ごしましょう。そして、

  • 自分だけではご不安なとき
  • 痛みがつらいとき
  • 動かしづらくて生活に支障が出ているとき

は遠慮せずに整形外科を受診してみてください。患者様にあった治療を検討させていただきます。

画像提供

公益社団法人 日本整形外科学会

「五十肩(肩関節周囲炎)」より

動画提供

合同会社 Medivery 運営 YouTube チャンネル: "Medivery 大学病院"

「絶対に見逃してはいけない四十肩・五十肩の初期症状」より

監修医師

  1. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長
  2. 正田 純平(しょうだ じゅんぺい): 日本整形外科学会 認定専門医…千葉大学大学院 医学研究院 整形外科学

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医