「成長痛」のリハビリ

「成長痛」のリハビリ

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックのリハビリ解説


成長痛とは?

・成長痛とは、成長期(幼児期、学童期、思春期)の子どもの足(下肢)の痛みの総称として、広く使われています。

・骨端軟骨(骨が成長するところ)が短期間で成長する際に、腱や筋肉が引っ張られて生じる痛みのことをいいます。身長は夜中に伸びようとするので夜間の痛みが特徴ですが、数日間で骨の成長に筋肉の成長が追いつくので、それに伴って痛みも落ち着いていくことが多いです。

・膝のオスグッド病や踵のシーバー病など運動をしているお子さんに多いスポーツ障害も「成長痛の一つ」として、表現されてしまうことがありますが、同じではありません。

・成長痛はしばらく安静にしていれば痛みがなくなりますが、オスグッドは原因を放置しておくと、最悪の場合、手術が必要になることもあります。

成長痛の症状

・夕方~夜(寝ている間)や朝方に痛みを訴える

・ずっと痛い訳ではなく、月1~2回、週1~2回など不定期に痛む

・日中などの遊んでいる時や学校、幼稚園では、痛みの訴えが少ない(痛みが数時間以内に治まる一過性)

・痛い部位に腫れ・圧痛(押すと痛みを感じる)

・関節の運動制限など炎症症状はない

・レントゲンを撮っても、特に異常が見当たらない

・両親がさすってあげる、触ってあげると痛みが消えることがある

 これらの状態が2週間~1か月ほど続いている場合は、成長痛が考えられます。

成長痛の原因

・「成長痛」と呼ばれていますが、骨の成長に伴って痛みが発生することは医学的にはなく、痛みの原因は今のところはっきりしていません。

しかし、成長痛の原因には、ストレスも関係していると考えられています。

 ・大人でもストレスが溜まると、頭痛や腹痛として症状が出る人もいらっしゃいます。それと同じように、お子様の場合は心のストレスが「足の痛み」として現れることがあります。

・お子様は成長の過程で、生活できるようになるうえで年齢ごとに色々なストレスを感じるのです。

・また、幼児期・学童期は足の発達が未熟な時期でもあり、偏平足や、関節が柔らかいお子様もいらっしゃいます。日中走り回って活動すると、筋肉が疲労するため、夜間になると、足の痛みや重だるさが現れることも原因の一つとされています。

 

 

成長痛の対処方法

・足の筋肉を伸ばすようにストレッチを行うと、成長痛が和らぐという報告があります。

 ①ふくらはぎの筋肉

足くびを反り返します。

②ふくらはぎの筋肉

うつぶせで膝を曲げて足くびを反り返します。

③太ももの後ろの筋肉

膝を伸ばして脚を持ち上げます。

④太ももと股関節前方の筋肉

うつぶせで膝を曲げて太ももを持ち上げます。

・①~④のストレッチを左右それぞれ10~20回ずつ行います。1回あたり15~20秒ほど行います。

・ストレッチは、お子様が痛みを感じない程度で行います。

 

・その他に心理的なストレスも痛みに繋がるという観点から、ストレスへの対処も必要です。しかし、ストレスの要因は、取り除くのが困難なため、お子様の痛みに目を向けてあげてください。以下のポイントを参考にして、お子様のストレスが軽減するような生活を送るようにするとよいでしょう。

 ・マッサージしてあげる、足をさする

・湿布をはる

・足をクッション、布団などで上げてあげる

・しっかり睡眠を取る

・お風呂に入って温め、痛い・不快感のある部分を優しくさする

・親子のスキンシップを図る

成長痛の場合、緊急性は低いことが多いですが、念のため、骨や筋肉といった組織に何らかの疾患が隠れていないか、整形外科を受診するとより安心かと思われます。

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックのリハビリの特徴

おやま整形外科クリニックでは医師の診察で必要と判断された場合にリハビリ行うことができます。リハビリは運動療法と物理療法に分かれます。”運動療法”では歩き方、関節の曲げ伸ばし方法などを、理学療法士をはじめとしたリハビリスタッフが温かく・丁寧に訓練させていただきます”物理療法”ではマッサージ、衝撃波、超音波、電気、レーザーなど、最新の治療機器を用いて施術します

またこれらの治療に使用する器具・機械は、インターリハ株式会社様ご協力のもと、国内・海外のメーカを問わずプロ野球チーム・プロサッカーチームも採用している最新の治療機器を準備・輸入しております。

スタッフもリハビリ室・リハビリ器具も最新鋭で最高の環境を整えておりますので、是非当院でのリハビリをご検討ください。

治療費

おやま整形外科クリニックでの治療費の例

1割負担2割負担3割負担
初診の診察
レントゲン
リハビリ
処方箋
約***円約***円約***円
再診の診察
物理療法
(電気治療、ウォーターベット)
約***円約***円約***円
再診の診察
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円
再診の診察
膝関節注射
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円

※上記はあくまで一例です。患者さまのご年齢・レントゲンの必要撮影枚数・処方箋の内容・リハビリの内容などにより、前後することがございます。ご理解いただけますと幸いです。

動画提供

おやま整形外科クリニック YouTube チャンネル: おやま整形外科クリニック

「変形性股関節症のリハビリ」より

監修

  1. 日塔 善之(にっとう よしゆき): 日本理学療法士協会 認定理学療法士…おやま整形外科クリニック リハビリ部長
  2. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医