「関節リウマチ」のリハビリ

「関節リウマチ」のリハビリ

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックのリハビリ解説


病態

関節リウマチの病態は、自己免疫疾患と考えられています。自分の身体の一部を自分のものではないと認識して、これに対する抗体をつくって反応をおこしてしまう病態です。このために関節液をつくる滑膜という組織にリンパ系細胞が集まって反応がおこり、滑膜はさまざまな破壊物質の産生工場となって、次第に自分の軟骨や骨を破壊していきます。

重症の場合には、関節は固まったり、逆にゆるんで大きく変形したりします。そして、最終的に関節が破壊されつくすと、変形を残して炎症は治まります。

原因

関節リウマチの原因はまだはっきりしませんが、遺伝的になりやすい人に、外的な刺激が加わり、免疫学的な機序により発生すると考えられています。

関節に起こる症状

・最初は両方の手や足の指の関節が対称的に腫れて、特に朝、こわばるようになります。また、人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、水が溜まり、動きにくくなり、痛みのために日常生活に困難を覚えるようになります。

・どの年代でもおこりますが、特に30~40歳代の女性に多く発症します。軽症の人もいれば重症の人もいて症状も多彩です。

・全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合、指や手首の関節が破壊され、指が短くなったり、関節が脱臼して強く変形することがあります。足の指にも変形がおこります。また、首の一番上の部分で背骨が前にずれてしまい、脊髄が圧迫され、手足が麻痺したり、呼吸がしにくくなることがありますので注意が必要です。

①朝のこわばり

朝、目覚めたときに手や足の指などの関節が動かしにくく感じることがあります。

これは、睡眠により長時間関節を動かしていないことが関係しており、関節を動かすことで緩和されます。朝のこわばりは、病状が進行するにつれ持続時間も長くなりやすい傾向にあります。

②関節炎

関節に痛みや腫れが生じたり、熱をもっているように感じたりすることがあります。関節炎は「多発性(複数の関節で起きる)」「対称性(左右対称に痛みが起きる)」「移動性(全身のあちこちに現れる)」であり、どの関節からでも起こりえますが、手首や手の指の付け根や第二関節が好発部位です。

③関節の変形

関節炎が進行すると、関節の軟骨や骨が破壊され特有の関節変形が起こります。

関節リウマチで見られる主な関節変形

・紡錘状の関節腫脹

「ブヨブヨ」とした紡錘状の腫れを認めます。

・スワンネック変形

手指が白鳥の首の様に変形します。指の第二関節が反り返り、指の第一関節が屈曲します。

・ボタン穴変形

指の第二関節が屈曲し、指の第一関節が反り返る変形です。

・尺側偏位

手の指が流れるように小指側(尺側)に傾く変形です。

・槌趾 (ハンマー趾)

足の指がハンマーのような形に曲がったままになります。

・外反母趾

足の親指(母趾)が外側(小指側)に曲がり、「く」の字のように変形します。

全身の症状

関節内に存在する滑膜という組織が異常増殖することによって関節内に慢性の炎症を生じる疾患で、進行すると関節が破壊され様々な程度の機能障害を引き起こします。

関節症状に加えて貧血や微熱、全身倦怠感、食欲不振、体重減少などの全身症状を合併することもあります。

<予防>

原因が不明なため有効な予防法はありませんが、症状を悪化させないためには適切な休養と栄養が重要であることは明らかになっています。

治療

関節リウマチでは早期の治療が大切です。

・治療は薬物療法が基本であり、抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本として、症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤が用いられます。補助療法として、ステロイド剤やヒアルロン酸製剤の関節内注射が行われることもあります。リハビリテーション・理学療法も有効です。

・手や足の周囲だけで比較的軽く経過する場合が多いのですが、長い間に全身の関節に炎症が進み、最後には関節やときには背骨の手術が必要になる場合もあります。

・また、指の仲筋腱が断裂して手術が必要になることもあります。

リハビリ

関節リウマチでは、病気が進行するにつれ 疼痛を含め運動機能を制限する症状が現れるようになります。

リハビリテーション療法ではこれらの症状を軽減させ、患者さんが日常生活動作を維持できるよう、理学療法・装具/自助具・作業療法を用いたリハビリテーション・プログラムが行われます。

運動訓練

軟骨の栄養改善、骨新生の促進、筋力の増強を目的として運動を行いますが、 激しい運動は関節炎の症状を悪化させるため注意が必要です。医師や理学療法士の指導の下、適度に行います。

温熱療法

温めたパック(ホットパック)を用いて症状の出ている関節を15分~20分程度温めます。家庭でも安全にでき、 また局所の温熱効果は痛みや血流の改善などに効果があります。

温泉療法も温熱療法に入ります。体力を消耗するため、高齢者の場合は特に疲労や湯あたりに注意する必要があります。

関節可動域訓練

入浴後や温熱療法後などに行います。痛みが強い場合には無理に曲げたり伸ばしたりせず、できる範囲で訓練します。 炎症が再燃しないように注意する必要があります。

筋力増強訓練

手指や腕の筋力訓練はゴムボールなどを用いて行います。

下肢の場合は、 大腿四頭筋・中殿筋・大殿筋を鍛える訓練が覚えやすく、一般的です。

起立・歩行訓練

立つ・歩くといった基本動作の訓練を行います。病院では斜面台や平行棒、温水プールを使うなどします。

装具

関節リウマチで用いられる代表的な装具としては、サポーター、杖、頚椎カラーなどがあります。 サポーターは主に手関節、膝関節などに巻いて使うことが多く、保温効果があります。 杖はさまざまな種類があり、ロフストランド・クラッチなど肘にはめて使えるものもあります。頚椎カラーは、症状の進行を防止するため首に巻いて用います。

作業療法

関節の変形によって低下あるいは失われた機能を補うための道具、自助具を患者さん自身が作ることがあります。自助具は既製品を患者さんに合うような道具にアレンジして作り出され、ヘアブラシ・ボタンエイド・調理器具・ 家屋の改造など様々なものがあります。

関節リウマチは症状の緩和を図りながら、適度な運動が必要となります。また自助具や自宅の環境面などの配慮も必要です。長い期間を視野に入れ、包括的な治療・支援が必要となりますので、ぜひ当クリニックにてご相談下さい。

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックのリハビリの特徴

おやま整形外科クリニックでは医師の診察で必要と判断された場合にリハビリ行うことができます。リハビリは運動療法と物理療法に分かれます。”運動療法”では歩き方、関節の曲げ伸ばし方法などを、理学療法士をはじめとしたリハビリスタッフが温かく・丁寧に訓練させていただきます”物理療法”ではマッサージ、衝撃波、超音波、電気、レーザーなど、最新の治療機器を用いて施術します

またこれらの治療に使用する器具・機械は、インターリハ株式会社様ご協力のもと、国内・海外のメーカを問わずプロ野球チーム・プロサッカーチームも採用している最新の治療機器を準備・輸入しております。

スタッフもリハビリ室・リハビリ器具も最新鋭で最高の環境を整えておりますので、是非当院でのリハビリをご検討ください。

治療費

おやま整形外科クリニックでの治療費の例

1割負担2割負担3割負担
初診の診察
レントゲン
リハビリ
処方箋
約***円約***円約***円
再診の診察
物理療法
(電気治療、ウォーターベット)
約***円約***円約***円
再診の診察
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円
再診の診察
膝関節注射
運動器リハビリ
(理学療法士)
約***円約***円約***円

※上記はあくまで一例です。患者さまのご年齢・レントゲンの必要撮影枚数・処方箋の内容・リハビリの内容などにより、前後することがございます。ご理解いただけますと幸いです。

監修

  1. 日塔 善之(にっとう よしゆき): 日本理学療法士協会 認定理学療法士…おやま整形外科クリニック リハビリ部長
  2. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医