ドケルバン病

ドケルバン病

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの疾患説明

みなさん、ドケルバン病って聞いたことありますか?

  • 親指を広げたり、力を入れると親指が痛い
  • 何かを持って負担をかけると手首がビリっと痛む

こんな経験をしたことがある方はドケルバン病かもしれません。今回は腱鞘炎の1種類であるドケルバン病についてご説明します。


ドケルバン病とは


ドケルバン病は別名”狭窄性腱鞘炎”とも言われ、親指の腱の通り道がせまくなって生じる腱鞘炎の1種です。

みなさんも試していただきたいのですが、親指を広げると手首の親指側の部分に2本の線が浮かび上がると思います。それが親指に走っていく腱で、短母指伸筋長母指外転筋という筋肉の腱になります。ドケルバン病はその2本の腱が手の甲側にある「腱鞘」という通り道を通る際に生じる腱鞘炎となります。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用


ドケルバン病の症状

先ほど申し上げた通り、ドケルバン病は手首の親指側にある腱の通り道(腱鞘)と、そこを通る2本の腱に炎症が起こった状態です。それにより腱鞘の部分で腱がスムーズに動けなくなり、手首の親指側が「痛い」「腫れる」などの症状がでます。さらに、親指を動かしたりするとこの症状がつよくなるのが特徴です。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用


ドケルバン病の原因

以前はピアニスト美容師職人さんなどのように手をよく使う職業の方に多い病気でしたが、最近ではスマホやパソコンなどで手や指を使う人が増加し、職業などに関係なく発症されております。また、妊娠出産期の女性や更年期の女性にも多いといわれております。卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の減少が発症の原因と考えられております。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用

ドケルバン病の病態

親指の使いすぎにより腱の通り道(腱鞘)が腫れて厚くなり、中の空間が狭くなってしまいます。さらに腱の表面が傷付いてしまい、親指を動かし続けると腱の腫れや傷がどんどん悪化し悪循環に陥ります。

特に親指の手の甲側の腱鞘のことを「手背第1コンパートメント」と呼ぶのですが、その中には短母指伸筋腱(指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(指を広げる腱)の2種類の腱を分けるための壁が存在し、この壁の影響でなおさら腱の通り道がせまくなりやすく、腱鞘炎が悪化しやすいという特徴があります。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用


ドケルバン病の診断

以下のテストをした時に親指の付け根あたりに痛みが生じる場合、ドケルバン病の可能性が考えられます。


フィンケルシュタインテスト

親指を反対の手で握り、小指の方へ引っ張ります。

公益社団法人 日本整形外科学会「ドケルバン病」より引用


フィンケルシュタインテスト変法

親指を内側に倒し他の指で覆ってください。そのまま手首を小指側へ倒します。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用

岩原・野末のサイン

手首をできるだけ直角に曲げ、親指を伸ばして人差し指の間を大きく広げてください。

ドケルバン病の治療

1, 安静

まずは安静です。場合によってはシーネという添え木を使って親指が動かないように固定します。

2, 飲み薬・貼り薬・塗り薬

次に貼り薬や塗り薬などの消炎鎮痛剤を用いて炎症を抑えます。外用薬で聞かない場合は飲み薬の消炎鎮痛剤を使用することもあります。

3, 注射

これまでの「安静、貼り薬・塗り薬・飲み薬」で改善しない方は、注射を検討します。注射にはキシロカインという局所麻酔薬と、ケナコルトという炎症を抑えるステロイド剤を用いることが一般的です。非常に効果が高く、注射して帰宅する頃には痛みがとれているケースがほとんどです。およそ3カ月から半年程度効果が持続します。

しかし、この注射には注意点があります。それは何度も注射を繰り返すと腱に負担がかかり、腱が切れてしまう可能性があることです。したがって、同じ指に対してこの注射は 2回程度までしか行わないことが一般的です。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用


4, 手術

最後に手術です。注射で症状が改善し、半年後に再発してまた注射し、さらに半年後くらいに再再発したとしましょう。その場合、先ほど説明した通り、3回目の注射は腱にかかる負担が強くなるため行うことは少ないです。

そうなった場合に手術を行います。腱鞘切開術という手術で、局所麻酔で行うことができ、日帰り手術が可能です。簡単に言えば、腱を抑えている腱鞘を切って腱の通り道を確保してあげる手術となります。切開する腱鞘は一部だけですので指の機能には支障がありません。手術から1~2週間くらいで抜糸すると治療は終了です。

費用についてはおおよそ3割負担の方で1万円くらいと思ってください。この手術はご加入されている医療保険や生命保険によっても治療費が補償されることもありますので、保険会社様とよく相談してみましょう。

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ 「ドケルバン病」より引用


ドケルバン病の予防

痛くなる前にドケルバン病を予防しましょう。簡単に実行することが難しいのは重々承知しておりますが、親指を使わないようにして安静にするのが最も重要です。手首に負担をかけないように

  • 手首をひねる動作はやめましょう
  • 長時間のスマホやパソコンは避け、休憩をはさみながら作業しましょう
  • 少しでも違和感や痛みを感じたら、湿布などで炎症を抑えましょう

また特に女性の方は、ドケルバン病の原因の一つである”エストロゲンの低下”を防ぐことも意識しましょう。エストロゲンを増やすためによいとされている食材をご紹介します。

  • 大豆食品(納豆、お豆腐など)
  • ビタミンE,B6(アーモンドやアボカド、カツオやレバーなど)

エストロゲンを活性させるために特に下半身の筋肉を鍛えることも有効とされています。バランスのよい食事を摂り、適度な運動(ウォーキングなど)を行い、長時間のスマホを避け休息をとりながら健康的に過ごしましょう。

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの治療の特徴

おやま整形外科クリニックでは

  1. 詳しい問診・診察によりドケルバン病に特徴的な症状・所見が出ていないかをチェックします。
  2. 症状が軽度の場合は「安静、貼り薬・塗り薬・飲み薬」などから治療を開始します。
  3. 症状が重度の場合は「注射」を行います。
  4. 2回ほど注射をしても再発してしまう場合は、手術を考慮し手術ができる病院に紹介させていただきます。

このような手順で検査・治療を進め、患者さまに負担のない治療を心掛けてまいります。

治療費

おやま整形外科クリニックでの治療費の例

1割負担2割負担3割負担
初診診察
処方箋
約***円約***円約***円
再診診察
注射
約***円約***円約***円

まとめ

ドケルバン病は手をよく使う方に多く発症するご病気です。普段の生活で頑張りすぎているのかもしれません。まずは安静にして様子をみつつ、痛みが続くようならすぐに当院や最寄りの整形外科の受診を検討してください。そのうえで、適切な治療を行い痛みをとりつつも、腱に負担の少ない治療を行っていくことが重要です。安易に注射を繰り返すことは避けるようにしましょう。

画像提供

一般社団法人 日本手外科学会 手外科シリーズ

「ドケルバン病」より引用

動画提供

合同会社 Medivery 運営 YouTube チャンネル: "Medivery 大学病院"

監修医師

  1. 小山 翔平(おやま しょうへい): 日本整形外科学会 認定専門医…おやま整形外科クリニック 院長
  2. 正田 純平(しょうだ じゅんぺい): 日本整形外科学会 認定専門医…千葉大学大学院 医学研究院 整形外科学

山形県寒河江市の整形外科 おやま整形外科クリニックの院長紹介

氏名: 小山 翔平(おやま しょうへい)
出身地: 山形県寒河江市
資格: 日本整形外科学会 認定専門医